肥満・メタボ

手遅れじゃない!肥満対策のキーポイント

 

肥満

メタボ(代謝症候群)と言うフレーズがかなり一般的なものになったとはいえ、その反面本当の意義について理解した上で使っているという方はあまり多くない様です。

高い血糖値の兆候が見られるほか、本態性高血圧、内臓周囲に脂肪が多いそして脂質代謝の障害などの危険因子から二つ以上が表出した状態の事を表します。

メタボの一歩手前にまで陥らない様に、直ちに対策をとりましょう。五体の脂質というのは、表皮直下の脂肪と内臓脂肪の二つに分ける事ができますが、メタボリック症候群に繋がる内臓中性脂肪に関しては、エキササイズで割と造作なく削減できます。

具体的にはエレベータの利用を避けて階段を段抜かししながら上がったり、家の中でスローステップ運動の実施をするなどあまり負担をかけずエキササイズを実行して、着実に脂肪組織を燃やしていく様にしませんか。

 

今日からやろう!メタボリックシンドローム対策のエッセンス

エアロビが不十分なのに高カロリーのメニューに偏り、酒好き或いはタバコを吸う方がメタボになりがちだようです。

見せ掛けに限れば痩せ型に見えても、実は消化管付近の脂肪組織が多量についた状態という事も多く、油断は禁物です。

メタボ(代謝症候群)を防ぐにはどのような方法が有用なのか、確認しておくべきでしょう。真夜中疲労困憊で帰ってからの気晴らしが冷蔵庫のビール&揚げ物の肴、という人は少なくないでしょう。

我にもなく多く呑み干した上に、よい心持ちになってソファーでのんびりするうちに寝落ちしてしまいますと、摂食した栄養価は費やされず脂肪細胞の元になってしまうのです。晩餐を寝る直前に取る事は五体にもよくない習慣なのです。

メタボリック症候群の原因となる内臓脂肪の抑制には、脂肪酸を燃焼する為に有酸素運動は大事なポイントです。突然苦しいトレーニングは大変ですが、軽度のウォーキングであったり室内でも実施できる屈伸等を最初のうちは2・3分だけ、続いて少しずつ発展していく事で、消化器付近の脂肪酸も燃焼していくと良いでしょう。

 

今からでも頑張ろう!メタボリックシンドローム撃退のエッセンス

メタボリック症候群がかなり言葉が相当大衆的で聞き覚えのある物になってきた一方で、本当の意義について分かっていない方が多いです。

内臓周囲に脂肪が多いの徴候が見られるほか、高血圧症ですとか高血糖そして脂質分泌の障害と言った病態の内、2個以上が発現している容態の事を指します。

メタボ予備軍にならない様、いちはやく手を打ちましょう。油モノに肉、更に炭水化物に目がなくて、青果は好まないなんて食事が常態化すると自然にカロリー値の高いごはんになり、結果的に栄養価の過剰摂取となりかねません。

最近の暮らしでは栄養価支出の比較的小さい人が大多数で、結果的にメタボリック症候群になりやすくなります。食事メニューを再チェックしてカロリー控えめを目指しませんか?

メタボになるとそれ以外にも例えば血栓症等、血管や心臓が関連したトラブルも目立ちます。

喫煙は動脈の健康に悪影響があるためぜひ卒煙を行い、お酒も控え目にして、食物繊維がたっぷり入った食事にシフトしていきながら、これまでよりも十分間多めのエクササイズを心掛けて下さい。

 

-肥満・メタボ

© 2020 【カスケード】ライフテクニック Cascades Life technique