体力の衰え・老化・認知症

50歳すぎたら、サポニンで老化を防ぎましょう

 

高麗人参

 

人間はずっと若いわけではありません。最終的には老化が始まります。
高齢化については、50代以降の印象が強い人も多いかもしれません。
そのままでは何もしないと老化はますます進み、体調も良くないと感じる日も増えてきます。
サポニンは50歳以降の服用をお勧めします。
サポニンは体の内外の老化を防ぐことが期待できるため、早い段階から服用すると健康な体を維持できます。
サプリメントならサポニンを取るのは簡単です。

 

サポニンはどのような成分か?

サポニンは、植物の葉、茎、根に含まれる苦味と刺激性の原因であり、大豆、高麗人参、田七人参、アマチャヅル、キキョウ等に含まれています。
漢方薬として有名な高麗人参田七人参は根部を中心に豊富です。大豆だと沸騰すると水に泡が出ますが、それがサポニンです。サポニンという名前は、石鹸を意味するラテン語のsapoに由来しています。
サポニンは水や油に溶けやすく、脂質溶解効果や殺菌・抗菌効果が期待できるため、天然界面活性剤としても利用されています。

特に興味深いのは、コレステロール値を下げる効果、血液のサラサラ効果、アンチエイジング効果、ホルモンバランス効果です。
ちなみに、同じ人参であってもスーパーでよく見かけるオレンジ色の人参は、田七人参、高麗人参の種類がまったく異なります。
田七人参や高麗人参は、収穫期までが長く、十分な栄養状態に育てることが難しいため、非常にまれです。
特に、市場に出ている田七人参が非常に少なく、天然物になればなおさら珍しいです。

 

アンチエイジング効果あり

サポニンの効果の一つである肥満の予防・改善効果は、アンチエイジングに非常に役立ちます。
例えば、大豆に含まれるサポニンは、腸で吸収されたブドウ糖が脂肪にくっつくのを防ぐことで脂肪の蓄積を抑え、肥満を防ぐ役割があります。
肥満は当然コレステロールを蓄積しやすくし、それに応じて血流も低下します。肥満は体調を悪くするだけでなく、しばしば老けて見えるようになります。いつまでも若々しく過ごしたいなら、肥満にならないようにしましょう。

また、新陳代謝を高める効果もあるので、ダイエットにも最適です。
大豆にもイソフラボンが豊富で、女性ホルモンのエストロゲンと同様の効果があり、アンチエイジング効果が高いと言えます。
気になる副作用ですが、赤血球の膜を破壊する副作用がありますので、大豆を使用する場合は、使用前に十分にあく抜きをしておくことが重要です。しかし、大量に服用しない限り、副作用は心配する必要はありません。

 

まとめ

ポイント

サポニンの適切な毎日の摂取量は設定されていませんが、タンパク質の毎日の摂取量は、たとえば大豆の摂取量を基準にすることをお勧めします。
たんぱく質の場合、60〜70g程度と言われているので、それを考えてみると良いでしょう。
老化防止に効果的ですので、食後や食事で摂取することをお勧めします。サポニンは、糖尿病の予防と改善に良い効果を期待できます。
血糖値の上昇を抑え、血糖値を下げる働きもあり、糖尿病の改善に良いとされています。

 

-体力の衰え・老化・認知症

© 2020 【チョイテク(cyoitech)】ライフハック