転職・退職・就職

仕事を辞めたい。。そんな時に考える事

 

仕事を辞めたい時

仕事を辞めたい

長年にわたって働いていると、一回か二回は仕事を辞めたいと考えることがあるのではないでしょうか。

小さなころから憧れた仕事に運よく就職できたとしても、実際やってみると想像していた世界とは全く違い、辞めたいと感じる人も大勢います。

たとえ幼少時から希望していた仕事をすることができても、スポーツ選手やアスリートは体がついていかずに辞めたいと判断することにもなります。

ずっとずっと憧れていた希望の仕事でも、辞めたいと感じることは自然なことです。

 

辞めたい気持ちがあっても、退職に踏み切るかどうかは、問題の度合いによっても異なります。

近年では、若い人であればあるほど、今の仕事を辞めたいと考えることが多いようです。

努力を重ねて就職活動を成功させたという人でも、働いてみたところ思ったより辛く、ついていけないと感じるといいます。

入社してすぐに辞めたいと考える人も案外と多いようです。

入社後、しばらくするとモチベーションが低下して、五月病になる人もいるようです。精神的に、仕事に対する頑張りを見失ってしまうこともあるといいます。

仕事を辞めたいという気持ちを持つこと自体は、決して珍しくはありません。あまり深刻に考えず、上手に気分を変えていくことも仕事を辞めたい時には大切です。

 

仕事を辞めたい理由

仕事を辞めたい理由

今の仕事を辞めたい、別な仕事をしたい思っている人の割合は、予想外に少なくないのではないでしょうか。

仕事を持つ人が、辞めたいと感じる理由は人それぞれです。小さい頃からなりたいと思っていた仕事を、努力を重ねてようやくなったとしても、辞めたいという気持ちが全くないということは珍しいといいます。

好きだった仕事も環境が変わることで、さまざまな事情から辞めたいと感じることもあるかもしれません。

個人で行う仕事であっても、仕事を進める上では周りの人とのやり取りが不可欠なものです。

 

おのずと人間関係も生まれてきます。実際に働く職場環境や、一緒に働く職場の人たちのさまざまな人間関係が原因で、仕事を辞めたいと感じる人も大勢います。

仕事自体にやりがいを感じることができずに辞めたいと思う人も少なくありません。

勤続年数が多い人の方が出世するという会社に入った若い人の中には、自分の能力が正しく評価されていないと感じることがあるようです。

若い世代の仕事を辞めたい理由にもなっています。重労働の割には給与の増える見込みがなかったり、福利が行き届いていない職場であることが、辞めたい理由になることがあるようです。

常に仕事を辞めたい理由の上位に挙げられています。

 

仕事とやりがい

仕事とやりがい

仕事にやりがいを感じて、社会に出て働いている人の多くは毎日頑張っていることだと思います。

現在の仕事にやりがいを感じ、自分に合う仕事をしている気持ちを持てることが理想です。

その仕事が誰かのためになることであり、労働に見合う対価を手に入れることが、仕事への望ましいことでしょう。

とは言え実際に働くことは、楽しいことばかりではありません。働いても働いてもやりがいに結びつかないこともよくありますし、今の仕事をやめて別な仕事をしたいと思う時もあります。

 

やりがいを感じながら仕事をするには、何をすれば良いのでしょう。目標を立てて仕事をし、それをなし遂げることでやりがいを覚えるという人もいるようです。

職場で順調に昇進していくことで、仕事に対するやりがいを感じる人も大勢います。やりがいが、年収が上がることと直結しているという人もいます。

同じ仕事をするのであれば、いやいや働くのはやめましょう。できれば自分から進んでやりがいを感じながら積極的に行っていきたいもの。

やりがいを感じながら働くことは、仕事に取り組む上では重要なことです。社会生活を営んでいくために、やりがいのある仕事をしたいものです。

 

やりがいのある仕事

やりがいのある仕事

仕事にやりがいを感じると、働くことが楽しくなります。やりがいのある仕事をしているなら、1日1日が満ち足りているでしょう。

仕事に対するやりがいの感じ方は人それぞれなのです。特に他人に感謝されるような仕事は、やりがいを持ちやすい仕事だと言われています。

医療関係の仕事をしている人は、相手の命に関わる仕事であることを重く感じることもあります。

仕事としてはきついですが、成功し相手に感謝される時のやりがいはひとしおだと感じる方もいます。

直接的に人の役に立つ仕事でやりがいを感じるものには、介護福祉士やヘルパーがあります。

顧客からの満足の声がやりがいになるという人は、客と直接顔を合わせることが多い仕事が向いています。

苦情もありますが感謝もあります。人材育成に関係する仕事についている、教師や講師をしている人は、生徒の成長にやりがいを覚えるようです。

新技術の開発や、今までに市場に存在していない商品を作る仕事をする方もいます。

達成感や成功感をやりがいという形で認識するという仕事もあります。

仕事は収入源と割り切って考えることで、報酬をやりがいとつなげる考え方もあります。

やりがいのある仕事かどうかは個々人の感性によるもので、内容や収入だけで明確な基準を作ることはできません。

 

-転職・退職・就職

© 2020 【カスケード】ライフテクニック Cascades Life technique