非常事態への備え

いざという場面でも冷静に!自然災害のための対策がものを言う

 

地震

地震が起きた際に亡くなられた人の死亡原因の中でかなり多いのは、家事や調度品による圧死です。

何気なく設置してあるだけの調度品の散乱で負傷をしたり亡くなったりすることを防ぐためには、具体的にどの様に準備すれば効果的なのでしょうか。災害対策における最低限は風呂敷状の布そして水、バッテリーとされます。

かつて多くの被災した方が、ふろしきがかなり便利な道具だったと証言している為です。加えて水のボトルは常備して下さい。

空になった後も、ペットボトルはものすごく実用的な災害対策グッズになりますから、災害の時は棄てずにおいて大いに活用した方がよいでしょう。

携帯ラジオは情報を集める大変重要なツールの一つですので備えておくと良いでしょう。

他にも緊急時においては携帯電話はもはや必須アイテムとなっていますが、充電が切れると無用の長物ですから、多機能携帯にプラスしてバッテリーが比較的よく持続する従来型の携帯のダブル所持等も検討するのは如何でしょう。

 

万一の時でも落ち着いて!非常時への対策をしよう

過去に震災が発生した時に亡くなってしまった方の死因のうち取り分け多いものが、家事や家財類が倒れ為の圧死と言われています。

適当に設置してあった家具が倒れることで、重傷を負ったり死んでしまう可能性を防ぐ為には、いったいどの様にすれば上手くいくのでしょう。個人の災害対策に当たっての基本は風呂敷状の布及び飲料水、モバイルバッテリーでしょう。

過去の沢山の被害者たちが、風呂敷類を持っていたお陰で大変重宝したと言う風に言っています。そしてボトル詰めの水も必ず用意するようにしましょう。

飲み終わった後でも、ボトルはとても活躍する災害対策ツールになり得ますから、被災時には棄てずにおいて大いに活用するべきです。

罹災した際にニューの災害対策アイテムを使う必要はありません。それよりも平時から調べ、実践して使用感についても飲み込んでおく事は、非常事態に大慌てせずにすむのです。

備えあれば案ずる事はありません。グッズのみならず経験を事前に持っておきましょう。

 

非常時でも極力冷静に!天災に備えよう

我々は常に天災などが生じるを背負って暮していいる事はお分かりでしょう。

どうせ起きないからと意識を逸らすのではなく、色々な可能性に意識を向けつつ適切に用意しておく事で、緊急の時に生存率と被災後の衣食住の環境がより良くなります。

罹災後の天候は、誰であっても分かりません。大雨のせいで全身がびしょ濡れになって、疲労困憊しては面倒な事になります。

気温の急激な変化で体力が奪われてしまうこともあります。ウォータープルーフの物の備えや低温環境を凌げる素材でできたシートなどを置いておく事をおススメします。

野外用品のなかには、ミニサイズで場所を選ばず料理出来る固形燃料等も販売されているようです。

実際に使ってみつつそのようなツールにも慣れておくことで、非常事態にも自分自身の身内あるいは周囲の方をサポートする事が可能ですから、研究すると良いでしょう。

 

-非常事態への備え

© 2020 【カスケード】ライフテクニック Cascades Life technique