非常事態への備え

非常事態にも冷静な行動を!大規模災害の為の準備がものを言う

 

災害対策

我が国は地震等の天災が非常に身近な国です。
はたしていつ襲ってくるのか今の所誰も予測は不可能なのです。自分の普段生活しているところにきちんと整えた防災用品一式の準備を怠らなければ、緊急時でも心配事を多少なりとも減らし、大切な方を守ることが出来ます。
食料品の蓄えも大事ではありますが、水と火種も用意できないと口にする事が出来ませんと言う物ですとイマイチです。できるだけすぐに口にできる防災食料品に絞り、こつこつ貯めていってください。
買ったそのままで賞味期限までほったらかしにしないように、定期的に時たま食べて新しい食糧を付けたすという方法がおすすめです。携帯ラジオは情報を集めるとても重要な防災対策用品なので購入しておくべきでしょう。

非常時ではガラケーやスマホも必携品ではありますが、充電がなくなってしまうと役立たずですので、多機能携帯にプラスして電池がよくもつフューチャーフォンのダブル利用も検討してみてはどうででしょう。

万が一の時もなるべくおちついて!非常時への対策について

わたし達は普段から天災などに遭うリスクがありる事はお分かりでしょう。
恐ろしいからと目を背けず、色々な可能性を見据えつつしっかりと準備をしておく事で、万一の状況であっても生存可能性と被災した後の生活状態の向上が見込めるでしょう。
食料をストックする事を実行する事は大事ではありますが、火やきれいな水を用意しないと調理出来ませんと言う食品ですと不便ものです。
なるべく手軽に摂れる災害時用食糧を選んで、僅かづつ備蓄していって下さい。買ったまま放っておくことは避けて、周期的に時たま食べる様にして足していくと言うやり方がおすすめです。

小型ラジオは情報収集のとても重要な防災ツールの一つですから置いておいてください。
非常時ではスマホやガラケーも不可欠となっていますが、充電切れになった場合役立たずでしかないので、多機能携帯以外にもバッテリーが長持ちするガラケーの両方を所有してみてはどうででしょう。

 

-非常事態への備え

© 2020 【チョイテク(cyoitech)】ライフハック