キャッシング

キャッシングの取り立てはどんなもの?

 

キャッシングの取り立てについて

キャッシングの取り立て

キャッシングは今はとても身近なものになっていて、とても手軽に借りられるようになりましたがそれでも借金であることには変わりはありません。

借金を返さない人というのは取り立てに合うといわれていますが、キャッシングも取り立てはあります。

数年前まではキャッシングで高金利や過剰な貸し付け、取り立てなどがかなり目立って報道されており、消費者金融や金融業者の悪の面を見たような気がしていました。

多重債務者にとってはかなり過酷な取り立ても行われていました。

キャッシングをして返済することができなくなったために多重債務化してしまい、ひどい取り立てにあったので、そのまま自殺をしてしまったという人も後を絶たない状態になっていました。

このことを防ぐために貸金業規制法と呼ばれる法律が整備されました。

この法律が施行されたことで、多重債務になった人でも取り立てを過酷に行うということは禁止になっています。

しかしキャッシングで借りたお金を返さないという場合には過酷な取り立てはないにしても、取り立てはあります。

たとえば、郵送ではがきなどが送られてきてとくそく通知が届くというケースもありますし、家や携帯に電話がかかってくるというケースもあります。

また家や実家にまで電話がかかってきたり、家や職場に直接訪問しての取り立てもあります。

場合によっては訴訟を起こして取り立てをするというケースもありますから、キャッシングだと思って甘く見てはいけません。

 

キャッシングの利息

キャッシングの利息については、金融機関ごとに違っています。
たとえば銀行などはキャッシングの利息が低めに設定されているのですが、消費者金融などの民間の会社の場合には高く利息が設定されています。

それぞれの金融機関が決めているキャッシングの利息というのは、出資法という法律があるのですがこの法律によって定められていますが、現行法では最高の利息の利率というのは、29%といわれていますからかなり高めの利息であることがわかります。

それぞれの金融機関ではこの29.2パーセントという利息の上限以上はキャッシングの利息として設けることができませんから、その範囲内で利息を設定しています。

もしも、それ以上の利息でキャッシングをするというような場合には法律に違反しているので罰せられる対象になります。

キャッシングの利息というのは一般的には日割り計算です。
借りたお金の総額と、どれくらい借りていたのかということによって利息は違ってきます。

今の日本は低金利といわれているので利息も低いのでキャッシングを利用するという人は増えています。

バブル期前後の日本のキャッシングの利率は、今では考えられませんが、何と109%を超えている時もあるといわれていますからこれはかなり高かったことがわかります。

キャッシングはそれでも他のローンなどに比べると金利は高いですから、利息の面から考えると少額を短期間で返済するのが一番いい利用方法といえるのではないでしょうか。

 

キャッシング会社を選ぶ

キャッシング会社は今日本ではかなりの数がありますからどれを選べばいいのか正直わからない人が多いと思います。

たくさんある中からキャッシング会社を選ぶ方法を紹介したいと思います。

人それぞれ選び方はあると思いますがまず一つ目のとしては、大手の会社を選ぶようにします。

初めてキャッシングを利用するという人の場合には認知度も高くてよく名前を聞くようなキャッシング会社を選びようにするのがポイントです。

大手で名前が知られているところというのはやはりそれなりに安心して借りることができる確率が高いと言われています。

そしてキャッシング会社の選び方としては金利を見て選ぶという方法があります。

金利はそれぞれのキャッシング会社ごとに違っていますから、少しでも金利が安い所を選んだほうがいいでしょう。

金利の低さでいえば、消費者金融を選ぶよりも、銀行系のキャッシングの方が、安いことになっていますから比較してみましょう。

そしてキャッシング会社を審査の速さで選ぶという方法も一つあります。

今はインターネットでの申し込みも可能でインターネットで申し込んだ場合にはかなりスピーディーに最短1時間以内にお金を融資してもらえますかから、急にお金が必要になってしまった場合などでキャッシング会社を選ぶ場合には、審査の速さで選ぶといいでしょう。そして返済方法で選ぶという方法もあります。

それぞれのキャッシング会社によって返済方法が違っていますから自分が返済しやすいような会社を選びましょう。

 

-キャッシング

© 2020 【カスケード】ライフテクニック Cascades Life technique