キャッシング

キャッシングの悪徳業者

 

キャッシングの悪徳業者について

キャッシングの悪徳業者

キャッシングを利用する際に注意しなければいけないのが、どこの会社でも良心的な会社ばかりではないということです。

中には悪徳業者もあります。お金を借りたいと思っている人の弱みにつけこんで、悪質な方法でキャッシングを利用させて法外な返済額を請求してくるというような場合があります。

悪徳業者に引っかからないためにもきちんと見極めて借入をすることがポイントです。

まず紹介者と呼ばれるキャッシングの悪徳業者がいます。
申し込んだ人に対して自分のところでは融資ができないけど、他の業者を紹介するといって結局高い仲介料を取るという方法の悪徳業者です。

他にも買取屋といって、クレジットカードについているキャッシング枠がいっぱいなのでショッピング枠を買い取ってさらに利息を付けてキャッシングをさせるとう会社もあります。

090金融というようなキャッシング会社を聞いたことがあるという人もいると思います。

よく電信柱などに広告が貼られていることが多いので見たことがあるという人もいると思いますが、090と言えば携帯電話の番号です。携帯電話の番号だけでお金を貸すというものです。

これは闇金の類と考えられていますから利息がとても高金利で一度借りると返済が不可能とも言われているので十分に注意しましょう。

キャッシングを利用する際には自分で悪徳業者ではないことを確認したうえできちんと確かめて借入をしなければ返済できなくなり大変なことになってしまいます。

 

キャッシングの返済方式

キャッシングの返済方式については色々とあります。返済方式によって金利の計算の方法が違ってきたり、毎月の返済の金額や返済する回数なども違ってきます。

ですからキャッシングを利用するという場合には、返済方式についてよく理解したうえで借入をしなければいけません。

キャッシングの返済方式の一つとしてリボルビング方式がまずあります。

この方オフは毎月の返済額が一定になっているという返済方法です。
たとえば1,000,000円借入をしたとしても借入に関して支払回数が増えるという方法ではなくて、毎月の一定金額を出して、それを借入総額で割ることで支払回数が決まるという方法です。

キャッシングの返済方式の二つ目の方法としては、元金均等方式という方法があります。

これは借入を返済回数で平均して割ったものと、利子を足した金額を毎月の返済額として返済していくという方法になります。

利子というのは返済の残っている残高によって違ってきますから、返済をスタートさせた頃は返済額は多いですが、支払回数が経過すれば毎月かかってくる利子がどんどん減っていくのが特徴です。

そして最後のキャッシングの返済方式としては、元利均等方式があります。

この元利均等方式というのは、毎月返済金額を決めてその金額の元金と利子を変更して返していくという方法です。

毎月の返済額が常に一定であることはメリットになりますが、返済をスタートされたこところの利子が占める割合が多いので元金が減りにくい特徴があります。

 

キャッシングとローン

キャッシングとローンの違いは何でしょうか?キャッシングとローンの違いというのは同じだと思っている人もいるかもしれませんが、ショッピングローンといわれるローンとキャッシングは違っています。

ショッピングの際に利用するショッピングローンというのは、低金利なのが一番の特徴です。そして審査は比較的厳しいのですぐに審査に通るということがない場合が多いです。

そして限度額についても何十万円と、個人によって違っていますがそれほど高くないことも特徴です。

ではそれに対してのキャッシングの特徴としては金利は高めなのが特徴で出資法ギリギリの金利での借入ということになります。
そして審査基準についてはショッピングローンに比べるとかなり甘いことがわかります。

審査が甘いので手軽に誰でも比較的借入をすることが出来るという特徴があります。

そして限度額についてはショッピングが数十万円に対して、何百万円単位での借入が可能になってきます。

このようにショッピングもキャッシングもよく似ていると思っている人はいるのですが、どちらも特徴が違っています。

ショッピングローンはまた何か物や食べる、泊まるなど使う目的が限られてくるのに対して、キャッシングの場合には使い道がなんにでも使えるという特徴がありますから、現金が必要な場合にはキャッシングを利用するという方が便利で利用者が多い理由はそこにあると思います。

キャッシングとショッピングローンは根本的に違った金融商品です。

 

-キャッシング

© 2020 【カスケード】ライフテクニック Cascades Life technique