クレジットカード

クレジットカードの「ポイント」と「海外旅行保険」

 

クレジットカードのポイントとは

クレジットカード

クレジットカードを利用して決済をするとポイントがつくことがあります。クレジットカードをお得に使いこなすためにも、クレジットカードの特質を理解した上で、賢くポイントを活用しましょう。

クレジットカードとは、審査をパスした顧客に対して発行されるもので、発行元は信販会社などの金融会社です、あらかじめ精算日を決めておき、購入した商品やサービスはクレジットカードで決済をするとその日まで支払わなくてもいいというものがクレジットカードです。

 

クレジットカードを使う人の中には、便利さに複数枚作った結果、全容がわからなくなっている人もいます。クレジットカードに無駄な年会費を払っていないでしょうか。

クレジットカード毎の特典内容を調べて、使い勝手がいいかどうかも把握してみるといいでしょう。クレジットカードのポイントを使いこなさず無為に終わらせていることもあるようです。

ポイントを賢く使いこなすことで、クレジットカードはますます便利になります。

クレジットカードの使い方ひとつで、ポイントの溜まり方も変わります。自分に合うクレジットカードを探す時は、クレジットカードの特典内容にも目を向けてみましょう。ポイントの他にも、割引や保険が自動的についてくるカードもあります。

 

クレジットカードによっては、ポイントが通信販売や携帯電話のポイントと互換性がある場合もあります。一番利用する事の多いサービスや金額を把握して、ポイントの溜まりやすいクレジットカードに変更することも検討してみましょう。

 

クレジットカードのポイント還元率

ポイント

クレジットカードについて調べる際には、年会費がどうかより、ポイントの溜まる利率を大事にしてください。クレジットカードの利用高が少額な人は、年会費の必要ないクレジットカードにしておくとムダがありません。

 

年会費が2,000円かかってポイント還元率が1.0%のクレジットカードと、ポイント還元率が0.5%で年会費のかからないクレジットカードでは、どちらかいいでしょう。

もしもクレジットカードを一年間で100万円分使った場合、年会費のかからない還元率0.5%のカードなら、5,000円分のポイントがつきます。

これが、還元率が1.0%なら10,000のポイント還元を得られるのです。年会費2,000円を年会費有料のカードから差し引いても、年会費無料のカードよりたくさんのポイントがついています。

クレジットカード年会費の相場は2,000円以下です。ただしゴールドカードなどのカードは除外します。クレジットカードを結構利用するのであれば、メインのカードはポイント還元率で選んだ方がメリットがあります。

そのクレジットカードが自分にとって得かどうかは、クレジットカードの利用金額とポイント還元率との兼ね合いの問題があります。

 

ポイントが入りやすいクレジットカードを主に使うところにしましょう。ポイント以外のサービスについては、あまり使わないカードでもサービスを活用することができます。

ポイントの還元率が1%以下なら、クレジットカードを見直す必要があるかも知れません。

 

クレジットカードポイントのメリット

メリット

ある程度ポイントが溜まったら、そのクレジットカードで決まっているサービスを受けることができます。

クレジットカードを使う時は、溜め方や使い方もマスターしましょう。

クレジットカード会社がユーザー獲得の為に特色を出している点でもあります。

新規にクレジットカードを作るならポイントの部分を重要視する必要があります。ポイントをどのように使うかはクレジットカード会社によって違いますが、景品や商品券に変えられることが多いようです。

 

クレジットカードによっては、キャッシュバック、航空会社のマイル交換等もあります。

クレジットカードのポイントはマイレージカードのマイレージにできるものもありますので、航空機での移動が多いという方は便利に使えるでしょう。

メインカードに積極的にポイントを溜め、マイレージカード使用可能なところでカードを使うなど、使い分けの指針を最初から決めておくと無駄のない使い方ができます。

何かの買い物がある度に、あらかじめ決めているクレジットカードを使えば、ポイントはどんどん増えていきます。現金払いから、クレジットカードの一括払いにすれば、利子が付かず損することもありません。

ポイント

クレジットカードのポイントは、ネット決済と連動してお得なサービスがある場合もあります。ポイント10倍サービスでネットの買い物をすれば、相当のポイントが溜まります。

賢くクレジットカードを使うには、そのクレジットカードではどのようにポイントが溜まるかを知っておくことが大事です。

 

クレジットカードの海外旅行保険

海外旅行

クレジットカードの海外旅行保険があるのをご存知でしょうか。海外旅行では、海外旅行保険は欠かせません。

病院に行く必要が出た時、支払いを負担する必要があるためです。
ないがしろにしておいて後々困ったことになっては大変と、旅行の時々に海外旅行保険に入る方もいます。

旅行の度に海外旅行保険の手続きをしなくても、手間をかけずノーコストで保険の加入をすることが可能です。

年会費がかからず、海外旅行保険がついているクレジットカードを所有していれば問題は解決です。

やはり、海外旅行保険をクレジットカードの特典でまかなう場合と、有料でかける場合のサービス内容の差は気になるでしょう。

有料で海外旅行保険をかけた場合、旅行先での所持品の紛失には30万円の、損害責任では1億円、病気などの治療代には1,500万円、そして死亡では2,000万円が下りるようです。

一方、年会費がかからないクレジットカードについている海外旅行保険では、死亡時の保険はなく、賠償責任は2,000万円、治療費200万円までとやや内容が落ちます。

傷害死亡と後遺障害はどちらのカードも2,000万円で同じです。海外旅行保険サービス付クレジットカード2枚以上所持しているなら、後遺障害や障害死亡以外なら合算して計算します。

一枚のクレジットカードの特典だけでは心許ないと思ったなら、海外旅行保険のついているクレジットカードを数枚持てばいいというわけです。

どのような海外旅行保険のあるクレジットカードを使うかを考えることで、有料で海外旅行保険を組むよりも充実した内容の保険を使える場合もあります。

 

クレジットカード海外旅行保険の注意点

Point

クレジットカードで海外旅行保険の特典がついているものを探す時のポイントは何でしょう。

クレジットカートには、年会費がかからず海外旅行保険のつくものがあります。最初の1年だけ年会費が無料で、以後は普通に有料になるクレジットカードもあるので要注意です。

保険の内容はクレジットカード会社によって少しずつ違います。疾病死亡保険があるものとないものとがありますので、よく確認しましょう。

 

家族カードサービスがあるクレジットカードを選択し、家族のカードを発行してもらうことも大事です。

家族カードは、カードを所有している家族の海外旅行保険にも適用されます。

年会費がかからないカートの場合家族カードの作成費用も不要なので、いざという時のために作るだけ作っておいてもいいでしょう。

 

海外旅行保険付のカードを利用する時に注意していただきたい点があります。

注意ポイント

最初の注意点は、クレジットカードを持っているだけで海外旅行保険が自動で付帯するものと、旅行代金の一部をクレジットカード決済しなければ付帯しないものがあることです。

中には、これまでクレジットカードをどれほど使ったかに応じて海外旅行保険が変わる場合もあります。

また、海外旅行時にクレジットカードを持っている必要があるカートとないカードともありますので、注意が必要です。

クレジットカードの海外旅行保険機能を有効に使えるよう、保険の条件や内容についてあらかじめ知っておきましょう。

 

クレジットカード海外旅行保険の補償範囲

補償

海外旅行保険をクレジットカードの特典で利用する際は、補償について調べておく必要があります。

最初に知っておきたいことは、海外旅行保険が行きたい国に適用されているかどうかです。

クレジットカードのサービスとしてついている海外旅行保険は、有料の保険と比べると保険の適用国家は少ないので、気をつけてください。

 

補償範囲はどのクレジットカードかによっても変わりますので、明確にしておきましょう。日本人にとってはマイナーな地域である、アフリカ・中近東・南アメリカ等は特に確認しておきましょう。

また、旅行先の国で保険の対応が十分にしてもらえるかという命題も存在します。

旅行者が少ない国でのトラブルは、海外旅行保険の現地事務局の対応に不満が残るものになる場合もありますので、それなりの備えも必要です。

一方、日本人が旅行先としてよく行く北アメリカやヨーロッパ、オーストラリア、東南アジアなどの地域では、クレジットカードに附帯する無料の海外旅行保険でも、充実しているようです。

海外旅行保険をクレジットカードのサービスでまかなう場合、救援費と治療費に気をつけましょう。

負傷や疾病の程度によっては家族に来てもらうこともありえますし、現地で発生する医療費も見過ごせません。

海外で入院して手術などすると間違いなく数百万円単位の治療費がかかります。海外旅行保険では1,000万円が補償額のスタンダードのようです。海外旅行にクレジットカードの海外旅行保険をあてにするなら、保険内容を事前に知っておくことが大事です。

 

-クレジットカード

© 2020 【カスケード】ライフテクニック Cascades Life technique