資格取得・勉強法

資格紹介その1(フォークリフト、エクセル、建築)

 

フォークリフトの資格

フォークリフトの資格

フォークリフトの資格についてですが、フォークリフトを運転する場合には資格が必要になっています。
たとえば最大で1トン未満のフォークリフトの運転をする場合には、フォークリフト運転特別教育を受けなければいけませんし、最大で1トン以上のフォークリフトの運転をする場合には、フォークリフト運転技能講習を受講して終了した資格が必要です。
フォークリフトを運転する場合には、この二つの修了証を持っていないといけません。
フォークリフトは意外と普通自動車免許で運転できるのではないかと思っている人も多いのですが、実はフォークリフトを運転するにあたっては、フォークリフトの資格が必要です。
フォークリフトの運転というのは、構内で行われることが多いために、フォークリフトの資格を持っていなくても運転しているという人が多いのですが、実際には、毎年フォークリフトによる事故やけがが起きていることは事実で、その原因がフォークリフトの資格を持っていない人による運転ミスということが多いといわれています。
簡単に思えるフォークリフトの運転ですが、実際には、重い荷物を運ぶわけですから、簡単ではないので、必ずフォークリフトの運転をする場合にはフォークリフトの資格が必要です。

 

エクセルの資格

エクセルの資格

エクセルの資格といえばマイクロソフトオフィススペシャリストの資格があります。
エクセルの資格は今や事務職や会社で働く上ではとても重要な仕事のひとつになっています。
エクセルを自分で覚えてエクセルが使えると思っていても、エクセルが使えるという能力を証明できなければ意味がありません。
エクセルが使いこなせるかどうかを証明する資格がエクセルの資格であるマイクロソフトオフィススペシャリストの資格です。
エクセルの資格があれば、エクセルが使いこなせることになりますから、就職はもちろんのこと、転職や昇進にも役に立ちます。
他にもエクセルの資格を持っていればは会社で働く際に、給与がアップするということもありますから、エクセルの資格はとても重要な資格なのです。
マイクロソフトおふぃえうスペシャリストの資格は、エクセルを作ったマイクロソフトが認定している資格ですが、たくさんの企業で現在マイクロソフトオフィススペシャリストの資格が認められていますから、エクセルの資格を持っていれば就職をするにも転職をするにも、どこにいても有利に働くことは間違いありません。
初めてエクセルの資格を取得するならスペシャリストレベルの資格を、エクセルが使いこなせている人はエキスパートレベルの資格を取得すればいいでしょう。

 

建築の資格

建築の資格

建築の資格を聞くと、建築士の資格を思い浮かべるという人も多いと思いますが、建築の資格というのは、建築士の資格だけではありません。
建築士の資格以外にも建築の資格は色々とあります。
たとえば技術士の建築の資格としては、技術士、技術士補の国家資格があります。
そして建築士の資格は、有名な建築士免許や建築設備士の国家資格があります。
他にも測量士の国家資格も建築関連の資格に入ります。
また建設業法に基づいた資格も色々とあります。
たとえば管理技術士や、主任技術士、施工管理技士、建設機械施工技士、土木施工管理技士、建築施工管理技士、電気工事施工管理技士といった資格もすべて国家資格の建築関係の資格ということになります。
そのほか建築物の衛生的な環境確保の資格などもあるのですが、貯水槽清掃作業監督者なども建築系の資格に入ります。
こうして考えてみると建築系の資格というのは、ここにあげた意外にもたくさん他にもまだまだありますから、一概に建築関係の資格は建築士だけとは言い切れないことがわかります。
建築関係の資格のほとんどは国家資格であることもわかりますし、ひとつの資格を別の資格をあわせもって取得している人も意外と建築関係の資格保持者には多いのが特徴です。

 

-資格取得・勉強法

© 2020 【チョイテク(cyoitech)】ライフハック