資格取得・勉強法

資格紹介その4(英語、食関連、調理師)

 

英語の資格

英語の資格

英語の資格といえば今や英検とTOEICが有名ではないでしょうか。
数年前までは英語の資格といえば英検が主流だったのですが、ここ数年で英語の資格といえばTOEICの方が主流になりつつあります。
英語の資格の一つである英検は年に三回試験が行われているのですが、実尾用英語の技能検定として知られています。
1級から5級まであり、英検を受験している人も多いのですが、最近は昇進試験にも就職、転職にも、英検よりもTOEICの資格を重視している企業の方が増えてきたのが現状です。
そして英語の資格の一つであるTOEICですが、こちらは年に8回実施されています。
日本のみなら全世界60カ国で行われている英語コミュニケーション能力を判定する世界共通のテストとしても有名で、今や社会人としてTPEICの資格を持っているということは必須のこととなりました。
就職はもちろんのこと転職やキャリアアップにも英語の資格であるTOEICは欠かせない資格となっています。
TOEICの資格はリスニング試験とリーディング試験の二つに分かれていて、リスニング試験ではオーディオから流れる音を聞きながらテストが45分間行われます。
その後75分は、リーディングテストが実施されます。英語の資格は自分のキャリアアップのためには欠かせない資格になるでしょう。

 

食の資格

食の資格

今、食の資格と一言で言っても色々な資格があります。
食の資格と聞いて思い浮かべるのはどんな資格でしょうか。
食の資格といえばまず調理師の資格が有名ですし、栄養士や管理栄養士の資格なども有名です。
しかしその他にも沢山の食の資格はあります。
たとえば最近注目されている食の資格としてはフードコーディネーターの資格なども人気があります。
フードコーディネーターの資格を取得後は、外食産業のコンサルティング会社で活躍したりすることが可能で、外食店のコーディネーター的な存在で支える、企画する仕事をすることができます。
そして最近は子供たちの食育が注目されていますが、偏食の多い子供たちの食育を考えた食育インストラクターなども注目の食に関する資格の一つです。
そして食に関する資格としてはテーブルコーディネーターの資格も人気があります。
テーブルコーディネーターの資格は、どんな資格なのかというと、ホテルや結婚式場、レストランなど、さまざまな場所でテーブルをセッティングする、食をよりおいしく感じさせる工夫をするのがテーブルコーディネーターの仕事で、テーブルコーディネーターの資格は今とても人気がある資格の一つとして有名です。

 

調理師の資格

調理師の資格

調理師の資格はどのように取得すればいいのか紹介したいと思います。
調理師になるためには国家資格の調理師資格が必要です。
調理師の資格を取得するためには、厚生労働大臣指定の調理師養成学校で1年以上調理師になるための知識や技能を学べば、無試験で調理師免許を取ることができます。
また学校を卒業する前に技術考査が行われるのですが、この技術考査に合格すれば、専門調理師や調子技能士の資格を取得することができますし、調理技術技能評価試験においての学科試験がすべて免除されるという特典もあります。
調理師資格を取得する方法としてはほかにも、中学校を卒業してから2年以上飲食店で調理の経験を積んだ後に、厚生労働大臣が決めた金淳の調理師試験に合格をすれば取得できるという方法があります。
調理師になるためには調理師試験に合格をしてから都道府県に申請を出して初めて調理師免許をもらうことができ、調理師の資格を取得したことになります。
今調理師になりたいと思って調理師資格取得を考えている人は多いといわれています。調理師資格を取得したのちは、さまざまな場所で活躍することができますし、将来的には、自分の店を持てるとい可能性もあるために夢のある資格です。

 

-資格取得・勉強法

© 2020 【チョイテク(cyoitech)】ライフハック