資格取得・勉強法

資格紹介その2(環境関連、情報処理、アロマ)

 

環境の資格

環境の資格

今、環境関連の資格というのは色々な資格があります。
たとえば環境教育活動に利用できる資格もあれば、環境保全や環境調査などの資格もあります。
工場の環境対策を行う際に必要な資格などもありますから、環境の資格といっても実に様々な資格があります。
環境の資格として自然体験活動指導者という資格がありますが、こちらは講習会に参加して登録をすればもらえる資格です。
ボランティアとして自然体験活動を案内する仕事ができます。
他にもネイチャーゲーム指導員の資格も環境の資格です。
こちらも自然体験活動指導インと同じような活動を行うことができる資格です。
生物分類技能検定という資格がありますが、こちらは、試験に合格した人のみが、持てる資格です。
1級2級の資格を持っている人は環境省の一般競争で有資格者という認定になります。最近は森林インストラクターという環境の資格も人気があります。
森林インストラクターの資格は環境保護団体に依頼されて、森林を見て回るという仕事ができる資格です。
このほか環境カウンセラーや、公害防止管理者の資格なども環境の資格として知られていて、どれも比較的取得しやすい環境資格です。
そのほか仕事に活かせる環境資格もたくさんあります。

 

情報処理の資格

情報処理の資格

情報処理の資格といっても国家資格から公的資格、民間資格まで色々な種類の情報処理の資格があります。
情報処理の資格で国家資格として有名なものとしては上級シスアドや初級シスアドの資格が有名ではないでしょうか。
また最近注目されているソフトウェア開発技術者の資格やウェブデザイン技能検定なども情報処理の資格の一つに入りますし、システム監査技術者や基本情報技術者などのIT関連の資格も情報処理の国家資格に入ります。
公的資格の情報処理の資格としては、デジタル技術検定や、CADトレース技能審査などが有名ではないでしょうか。
そして民間の情報処理の資格はとても種類が多いのですが、たとえばDTO検定やP検インストラクター試験や建築CAD検定試験、パソコン能力評価試験など、実に様々な検定試験がありますが、おもにIT関連の資格が多く情報処理の資格=IT関連の資格といった見方をしてもいいのではないでしょうか。
情報処理の資格には国家資格、公的資格、民間資格のほかにベンダー資格というものもあり、ベンダー資格の中にはマイクロソフトオフィススペシャリストの資格なども含まれていますし、イラストレーターなどで有名なアドビ認定エキスパート、一太郎インストラクターなどの資格も含まれます。

 

アロマの資格

アロマ資格

アロマの資格についてですが、アロマというのはアロマテラピーのことですが、これは植物から天然の精油を抽出して作られているとても香のいいエッセンシャルオイルを使って、体の不調を改善するという治療法の一つです。
今アロマテラピーを行うには、資格が要ります。
アロマテラピーの資格は、女性に人気の資格の一つでもあり、仕事にアロマテラピーの資格を生かそうと思っている人のほかにも、自分のリラクゼーションのためにアロマテラピーの資格を取得しようと思っている人も多いのが現状です。
アロマテラピーというのは精油で植物からとられているものなのですが、使い方を間違えてしまうと体に害を起こしてしまうことがあります。
アロマテラピーには殺菌作用も強いですから、粘膜が刺激されたり、場合によってはアロマテラピーでアレルギーになる人も中にはいるかもしれません。
そういったことにならないように、アロマテラピーの資格を取得して正しい知識と技術を持ってアロマテラピーを行うことができることを目的にしているのがアロマテラピーの資格取得の目的です。
アロマテラピーの資格取得後はアロマテラピーのお店やスクール、エステサロンで活躍することができます。

 

-資格取得・勉強法

© 2020 【チョイテク(cyoitech)】ライフハック