資格取得・勉強法

資格紹介その7(インテリア、インテリアコーディネーター、資格の種類)

 

インテリアの資格

インテリアの資格

インテリアの資格を聞くとどんな資格を思い浮かべますか?
インテリアコーディネーターの資格を思い浮かべるという人が多いのではないでしょうか。
インテリアの資格として代表格的なインテリアコーディネーターの資格は、住空間を機能的に、そして快適にするために様々なインテリアに関するアイディアを考えるインテリアのプロの資格です。
他にもインテリアの資格としては照明コンサルタントの資格もあります。
照明コンサルタントの資格というのはどのような資格なのかというと、建築やインテリアには欠かせない照明のプロとして照明をコーディネートする資格です。
他にもインテリア設計士の資格もインテリア関係の資格の一つです。
こちらはインテリア業界で働きたいと思っている人にとっては登竜門的な資格としても知られています。
またインテリアプランナーの資格もインテリアを企画したり設計したりするためには必要な資格で、インテリアのプロとしてインテリアコーディネーターと並ぶ資格とされています。
他にもキッチンスペシャリストの資格もインテリアの資格の一つで、キッチンに限ってキッチンにこだわってキッチンのプロとして活躍する資格です。
このほか福祉系のインテリアの資格としては福祉住環境コーディネーターの資格があります。

 

インテリアコーディネーターの資格

インテリアコーディネーターの資格

インテリアコーディネーターの資格を取得した後にはインテリアコーディネーターとして活躍することができるのですが、その活躍の場はインテリア業界や建築業界だけでなく、いろいろなジャンルでインテリアの専門家として働くことができる資格です。
インテリアコーディネーターの資格を持っている人の多くは女性が多いといわれています。
これからインテリア業界で働きたいと思っている人にとっては必要な資格の一つです。
インテリアコーディネーターの資格試験は、受験資格に従来は年齢制限があったのですが、2003年のインテリアコーディネーターの資格試験から年齢制限はなくなりましたから、誰でも受験可能となり、人気がさらに高まった資格です。
インテリアコーディネーターの資格を取得するための受験者も年々増えているために、試験の内容は難しくなってきたといわれています。
以前は独学でインテリアコーディネーターの資格取得が可能だったとされていますが、現在は、独学でインテリアコーディネーターの資格を取るのはかなり難しいといわれています。
インテリアコーディネーターの資格を取るためには、専門の学校へ行ったり通学・通信講座を受講する、独学で勉強するという方法があります。

 

資格の種類

資格の種類

資格の種類というのは実にたくさんありますから、ここですべての資格の種類を紹介するということはとても大変です。
大きく分けると資格の種類には、国家資格、公的資格、民間資格、ベンター資格といった資格があります。
ベンター資格はあまり知られていないかもしれませんが、ベンチャーの資格、つまりそれぞれの企業が独自で作った資格ということで最近はIT関連の資格の中にベンター資格が多く作られるようになりました。
IT関連の資格の中ではとても人気があるマイクロソフトオフィススペシャリストの資格がありますが、こちらはマイクロソフト社のベンター資格です。
このように国家資格からベンター資格まで大きなジャンルに分けても4つの資格の種類がありますが、このほかにも、食に関する資格もあれば、公務員の資格、行政関連の資格もあれば、経済関連の資格、教育に関する資格など、本当にたくさんの資格がいま日本の中にはあります。
これから何か資格をとりたいけど資格の種類が多すぎてどの資格を取ればいいのか迷ってしまうという人は、自分に役立つ資格、自分の目的に合わせた資格を数多くある資格の種類の中からふるいにかけて分けて考えていけばいいのではないでしょうか。

 

-資格取得・勉強法

© 2020 【チョイテク(cyoitech)】ライフハック