資格取得・勉強法

資格紹介その5(不動産、心理カウンセラー、ヘルパー)

 

不動産の資格

不動産の資格

不動産の資格についてですが、不動産関係の資格といっても色々な資格があります。
不動産の資格にはどのようなものがあるのか一つずつ紹介したいと思います。
まず不動産業者には必ず5人に1人は宅地建物取引主任者を置かなければならないことになっている宅地建物取引主任者の資格がまずあります。
この資格はどのような仕事をする資格なのかというと、国家資格で、不動産会社に来たお客への対応や物件の案内など様々なことをこなします。
現在宅地建物取引主任者の資格試験の合格率は、15.9パーセントと意外と低い合格率であることがわかります。
そして不動産の資格としては、マンション管理士の資格もあります。
マンション管理士の資格は住人や建物の問題解決をするのが仕事です。
マンションを管理するプロとして不動産業界ではなくてはならない資格の一つです。
そして不動産の資格としては土地家屋調査士の資格もあります。
土地家屋調査士の資格は、法律の知識を持っていないとけない資格で土地や財産にかかわる不動産の資格の一つです。
そして最後に、不動産鑑定士の資格があります。
不動産鑑定士の資格を持っていれば土地の価値などを評価することができ、土地を鑑定する人として不動産関係の仕事ではなくてはならない存在の資格です。

 

心理カウンセラーの資格

心理カウンセラーの資格

心理カウンセラーの資格についてですが、心理カウンセラーの資格というのは今とても人気がある資格ですし、また、心理カウンセラーの資格を持った人を必要としている場所はとてもたくさんあるといわれています。
心理カウンセラーの資格取得後の仕事としては介護などの現場で心理カウンセラーの資格を生かした仕事をすることはもちろんのこと、心理学や医学などの面から、医療機関や最近は、子どもたちの児童心理などのカウンセラーの仕事を受けている人もいます。
心理カウンセラーは今の複雑な社会やストレス社会には欠かせない資格となっています。
心理カウンセラーの資格を首都得した後は、医療機関や病院、学校や会社、裁判所など、いろいろな場所で心理カウンセラーの資格を生かして、心理カウンセラーとして働くことが可能です。
中には、自分で心理カウンセリングの部屋を開業して心理カウンセラーの資格を生かしてカウンセリングを仕事にしている人もいます。
心理カウンセラーの資格はこれからもっともっと重要が高まるとされています。
心理カウンセラーの資格は、認定資格で、いろいろな団体に心理カウンセラーの資格がありますから、認定試験に合格すれば心理カウンセラーとして資格取得が可能です。

 

ヘルパーの資格

ヘルパーの資格

ヘルパーの資格についてですが、ホームヘルパーの資格は今とても人気がある資格として知られています。
なぜなら無試験で資格が取得できることや、パートでヘルパーとして働いた場合でも、時給が1000円以上になるなど好条件で仕事ができるということからヘルパーの仕事は今とても人気があります。
ホームヘルパーの資格というのは、お年寄りや体の不自由な人の住んでいる家へ行って排泄や食事、入浴などの手伝い、家事を全般的に行うという資格です。
ホームヘルパーの資格は1級から3級までありますが、ホームヘルパー3級の場合には、家事くらいの業務しかできませんが2級の場合には介護や福祉の資格として基礎となる仕事をすることができます。
ヘルパーの資格は仕事のためだけでなく、自分の家族が介護が必要になってしまった場合などにも、活かすことができる資格ですから、人気がある資格の一つです。
ヘルパーの資格を取得したのちには、介護施設や福祉サービスの事務所などへ登録して直接自転車でお年寄りの家を回ったりしますからニーズは高い仕事といえるでしょう。
自分のライフスタイルに合わせて勤務する時間が調整できるというのもヘルパーの資格が人気である理由ではないでしょうか。

 

-資格取得・勉強法

© 2020 【チョイテク(cyoitech)】ライフハック