資格取得・勉強法

資格紹介その3(公務員、行政書士、通信教育で資格)

 

公務員の資格

公務員の資格

公務員の資格というのは安定した職場に就くことができることから人気の資格の一つですが、公務員の資格を取得後は、給料は法律などで保護されていることになっていますから、景気の影響をもろに受けるとされている民間の会社に比べれば金銭的な面でも安定しているというメリットもあります。
また公務員の資格を取得して働けば退職した後も年金がもらえますから、一生涯安定した生活を送る補償があるというのも公務員の資格を取得するメリットではないでしょうか。
最近公務員の資格を取得する人が多いのですが、出産や育児休暇もとりやすいですし、女性も働きやすいということから、公務員の資格を取得する女性もとても増えています。
公務員の資格といっても色々な種類があります。
たとえば国家公務員や地方公務員というのは17年勤務すれば、行政書士や税理士の、資格試験が免除されるという特典もありますから将来的に行税書士や税理士を目指したいと思っている人などは、国家公務員資格を取得するという方法もあります。
公務員資格は、資格試験が行われるのではなくて就職試験を受けて合格すれば公務員になることができますから、学歴など関係なく、年齢制限はあるのですが、公務員に誰でもなれるかもしれませんから資格取得も夢ではありません。

 

行政書士の資格

行政書士の資格

行政書士の資格というのは国家資格に入ります。
行政書士というのは会社を始めようとするときなどに色々な手続きをしなければいけないのですが、そのような書類の手続きなどを代理で行うのが行政書士の資格を持った人の仕事です。
行政書士の資格を持てば独立して活躍することも可能ですし、行政書士の資格を持っていて働くことができる環境というのは、たくさんありますから今、行政書士の資格を取得しようと思っている人はとても多いのだそうです。
行政書士の資格を取得するための試験の受験資格は、国籍や年齢、男女や学歴などにかかわらず、誰でも行政書士の資格を取得することが可能です。
行政書士の資格試験は年に1回行われているのですが、毎年11月の第2日曜日に行われています。
行政書士の資格試験は3時間行われ、一般知識と業務法令から出題されます。
合計60文で択一式と記述式の両方から出題されます。
行政書士の資格試験は、全体の60パーセント正解していれば、合格ということになっていますが、科目によって50パーセント以上とらなければいけない決まりになっていますから、どの科目も50パーセント以上の正解率であることは必須です。
行政処理はこれからもっとニーズの高まる資格となるでしょう。

 

通信教育と資格

通信教育と資格

今、通信教育で資格を取得している人はとても多いといわれています。
学校へ資格を取得するために通う人も中にはいるのですが、やはり仕事をしながら資格取得を目指した場合には、学校へ通う時間が確保できない人も多く、時間的な問題から通信教育で資格取得を目指す人の方が多いといわれています。
時間的な問題に限らず、通信教育で資格取得を目指した方が、学校へ通うよりも費用も安いことも理由としてあげられるのではないでしょうか。
通信教育で資格取得を目指している人はとても多く、国家試験などを受験する前の勉強として通信教育で勉強している人が多いです。
しかし通信教育を始めても、長続きしなくて結局資格取得に至らないというケースも目立っていますから、自分が通信教育で資格取得をめざしたいと思っているのであれば、自分の性格にあっているかどうかを考えた方がいいかもしれませんね。
性格によっては、通学で資格取得を目指した方が早く確実に資格を取得できるという人もいるかもしれません。通信で資格取得を目指すのに向いている人は、自分で計画を立ててコツコツと勉強ができる人ですから、三日坊主になりそうな人などは、通信教育よりも通学の方が向いていると思います。

 

-資格取得・勉強法

© 2020 【チョイテク(cyoitech)】ライフハック