お口のお悩み

歯石と口臭の関係

 

歯石と口臭について

歯石と口臭

歯石というのはどんなに歯磨きをしていてもどうしても貯まってしまうと思います。

歯石がたまってしまうと口臭の原因になってしまうのですが、口臭の原因が何であるか調べる際にまず歯科へ行きますね。

そして歯石が溜まっていることによって口臭が発生しているということがわかったらすぐに歯石を取った方がいいですね。

歯石をこまめに自分でも毎日のデンタルケアとして取り除いていれば、口臭が気になるということもないと思うのですが、なかなか唾液があまり分泌されないお年寄りや病気などの人の場合には歯石が溜まりやすいのでそれが口臭につながってしまいます。

赤ちゃんにも口臭はありますが、赤ちゃんの口臭が臭くないのは、歯がありませんから歯石があまりたまらないことが原因でそのために口臭が気にならないということになります。

歯石は一度溜まってしまうとどんどん蓄積されていきますし、どんどん蓄積されるということは、歯石が増えて口臭がきつくなるということになりますから、歯石が増えてしまった場合には口臭対策として歯科へ行って口臭を予防するということが一番大切なことです。

虫歯治療の一環として歯石除去も行っているところもありますから口臭予防のためにも歯石をためないようにしましょう。

 

寝起きの口臭

寝起きの口臭は人それぞれ違うと思いますが、一般的に寝起きの口臭というのは誰もが普通の口臭とは違っていますよね。

寝起きの口臭が普段の口臭と全く同じだという人は少ないのではないでしょうか。

寝起きの口臭がきつい理由はなぜだと思いますか?
それは寝ている間というのは起きている時に比べると唾液がそれほど分泌されません。

ですから唾液が分泌されないということは、自浄作用が止まってしまっている状態になりますから口の中が綺麗にされていないということになりますので細菌が活発になりやすく、そして口臭の原因になっているということになりますね。

誰もが寝起きの口臭は普段の口臭とは違っているというのが一般的なことではないでしょうか。

しかし寝起きの口臭がとてもきつい人もいますが、その場合には寝る前にきちんと歯磨きをしていなかったとか、口の中に食べ残しのカスが残ったまま寝ている状態だったということがあるかもしれません。
残りカスがあったまま寝てしまえばそれは口臭がきつくなるのも当たり前です。

寝起きの口臭はなかなか全く無臭にするということは難しいと思いますが、きつくならないように予防するということは十分に可能です。

寝起きの口臭を予防するためには、普段からの歯磨きが決め手です。

 

口臭と漢方

口臭の予防方法や対策方法というのは色々とあると思いますが、口臭の予防方法として漢方薬を利用するという方法もあります。

漢方薬というのは口臭を予防したり改善したりするのにとても優れた効果を発揮してくれています。

口臭の原因になる事柄に漢方の力が発揮してくれますからたとえば胃の状態が悪くて口臭が発生しているという場合でも、口臭の原因になっている胃の状態を整えるために漢方が働いてくれます。

他にも自臭症という口臭の原因の病気がありますが、体のバランスが崩れてしまって起こるこの自臭症の口臭の原因にも漢方薬が効くといわれています。

食生活や生活習慣がよくない人も漢方を飲み続けることで調子がよくなり、口臭が気にならないということがあるといわれていますから、もしも歯科へ行って虫歯もないし口の中の異常は見られないけど、口臭がまだするといった場合には、口臭の原因が他にあるかもしれませんから、漢方を処方してくれるお店へ行って相談してみるという方法もいいかもしれません。

漢方を利用して体の不調を整えることで口臭が改善されることは十分に可能です。
漢方にはいろいろと種類がありますから口臭改善のために飲みたいと伝えれば漢方を処方してくれるのではないでしょうか。


オススメ!


 

-お口のお悩み

© 2020 【カスケード】ライフテクニック Cascades Life technique